FC2ブログ
2006-02-18(Sat)

内視鏡検査

不思議腹のピン、ついに、内視鏡検査を決行!

採血をしているときのピン、情けない顔して、それがまた可愛くて、一枚、パチリ♪

内視鏡検査前

血液検査の結果がでるまで、院長先生から検査に関する説明をうけた。最近のセミナーでどのように対応するのがよいと言われているかとか、内視鏡では採取できる組織に限りがあるからわからない場合ものあるとか。

根拠のない予想だけど、組織を調べてもわからないような気がしている。でも、癌細胞ができているかもしれないとか、かかけめぐる妄想は消すことができるだろうし、これだけ出血が続くピンの腸がどんな状態かを確認することができるから、やる価値はあると。知るのが恐い気もするけど、、、

自分が内視鏡検査をしたとき、腸内の写真をもらったので、写真がもらえるか聞いてみたら、デジタルの検査機具じゃなくて、フィルム写真だから云々と言いながら、姿を消した。そして、内視鏡検査の機具をもって現れた。組織を採取する部分を実際に動かして指の皮をつかんで実演してくれた。なんだか、とっても楽しそうだ。

そのうち、血液検査の結果がでて、女医さんに交代した。薬の影響で好酸球の値が低いけど、それは問題ないということでピンを預けて病院を出た。

夕方、言われた時間にお迎えにいくと、ピンは元気一杯、全身でお迎えの喜びを表現して、落ち着いたあとは、ぐったりと私にだっこされて甘えんぼうしていた。

採取した組織は病理検査に送って、その結果は1週間後にならないとわからないけど、腸の中の様子を聞くと「キレイでしたよ」と言われた。炎症など何もなかったそうだ。腸の中には固まったウンの欠片が見られて、腸の働きも問題なさそうだと。

あれだけ出血するのに、何もないなんてと不思議がる私に、院長先生は、狭い腸で炎症を見逃すことは考えなくてよいと思うし、他の3人の先生もみんな見たけど何もなかったと説明した。ん? 4人の先生が確認を? なんだか内視鏡検査の練習台にされてういるような、、、気のせい? (^^;

検査前に写真の話をしたとき、それほど使う機会はないから、最新のデジタル機器に買い替えられないという話しをきいたので、どの程度、検査があるのかきいたら、月に1回は無いと。実際のところ、どの程度行われているんだろう? 内視鏡検査をできる貴重な機会を作っちゃったのかな?

まぁ、それはいいとして、検査直前にトイレ散歩したときにも血がついていて、出血の原因が検査の瞬間だけ治ったとは考えられない。一緒にいったパフェママが散歩中の出血の様子などを説明すると、院長先生は肛門膿が炎症を起こして、そこから出血しているのかもしれませんねと言った。

なるほどぉ。細切れではあるけどよい固さのウンがでているのに、茶色い液体や赤い血がぽたぽたと出たことがあった。ウンと液体の関係が不思議だったけど、液体が肛門線から出てきていたという説明は納得できる。

でも、そうであったら、どういう治療をするんだろう? それはきかずに帰ってきてしまった。次回、病理検査の結果をききにいくときに確認しなくては。

ちなみに、今回の内視鏡検査にかかった費用は血液検査を含めて22,890円。この他に病理検査の検査料がかかるが、それは検査結果がでてから。これからのためにピン&バナの医療貯金をしておこうかな。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール

minipink

  • ピンク

  • 1999年12月2日生まれ

  • ばなな
  • IMG_1076.jpg
    2003年7月20日生まれ

  • パフェ
  • parfait.jpg
    2000年3月3日生まれ

  • Author:minipink

  • 永遠の25歳


参加してます
にほんブログ村 犬ブログへ にほんブログ村 犬ブログ ミニピンへ
励みになります
1日1回クリックしてね♪

保護活動リンク
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

fc2 blog
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブログ内検索
RSSフィード