FC2ブログ
2019-01-12(Sat)

その後のその後の様子

スヤスヤ。落ち着いてきたかな。





年末に心臓専門医に行ってから徐々に調子が落ちていき、心配の塊になっていた。


1/5にはいつもの動物病院に行った。心臓専門医の処方通りの薬が出たが、利尿剤は1日2回から1日1回になった。


バナの食欲は更に落ちていった。1/7の夜はついに全くごはんを食べずに嘔吐したそうだ。そして下痢気味😱


翌日、会社を休んで病院に行くことにした。


朝、おじやごはんを作ってみた。食べにくそうに口の横からボロボロ落としながらも、なんとか食べた。




全く食べないというわけでなく、ヒルズの療養食のシチュー缶はダメなようだ。


いつもの動物病院に行った。点滴とか嘔吐下痢止めの注射を想定していたけれども、治療は無し。


血圧測定はうまくいかなかったけれども、血圧が下がりすぎている可能性を考えて、血圧を下げる薬をやめてみることになった。


そして、ごはんの相談をして、ドライの腎臓療養食のサンプルをもらった。


ウェットよりドライフードの方が食べやすいのでは?と思ったから。


ただ、ずっとウェットフードを食べていて、ドライを食べない可能性もあったが、パフェ猫のドライフードをおやつ代わりに食べているし、いけるのではと。


もらったサンプルは日清ペットフードとヒルズとロイヤルカナンのもの。


日清とヒルズのサンプルをあげてみた。ロイヤルカナンは粒が大きく、丸呑み派のバナには良く無いのでは?と思い試さなかった。


結果、問題なく食べたので、個人的イメージの良さで日清のドライフードをあげることにした。


薬をウェットごはんに混ぜ込めないので、薬を残さないか心配だったけれども、そちらも問題なかった。


かなり目が悪くなっているし、丸呑み派なので、ドライフードと薬を同じようにフツーに食べる。






心臓の状態はわからないけれども、ごはんを食べるようになって、一安心。


ウェットからドライになって、ごはんの準備が簡単になるという副産物も。悪いことばかりぢゃ無い。


バナ、ゆるりゆるりと行こうね。






スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

No title

バナちゃん、、、辛いですね。

それでもご飯を食べてくれるようになって良かった! お大事に。

Re: その後のその後の様子

ごはんを食べるようになったら、徐々に咳が増えてきて、なかなかうまくいきませんね。
いちばんよいところを探っていきます!
カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
プロフィール

minipink

  • ピンク

  • 1999年12月2日生まれ

  • ばなな
  • IMG_1076.jpg
    2003年7月20日生まれ

  • パフェ
  • parfait.jpg
    2000年3月3日生まれ

  • Author:minipink

  • 永遠の25歳


参加してます
にほんブログ村 犬ブログへ にほんブログ村 犬ブログ ミニピンへ
励みになります
1日1回クリックしてね♪

保護活動リンク
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

fc2 blog
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブログ内検索
RSSフィード