--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008-05-28(Wed)

病院へ

早く仕事から帰ってきたら、
「今日、ピンは5回もうん○した
 最後は赤ちゃんみたいな黄色いうん○だった」
と言われた。

日曜日くらから緩うんが続いているし、
まだ、病院やっている時間だし、
先生にききたいこともあるし、
病院へ行くことに。

病院で体重を計ったら、4.46キロ。
えっ、昨日は4.55キロだったのに、1日で激減!?

それは大変!と思ってカルテをのぞいたら、
5/17 の体重は4.50キロになってた。
動物病院の体重計は少なめにでるのか、
ベビースケールが多く出るということか。。。

検便の結果は、腸内細菌のバランスが崩れているけれども、
細菌が入ってお腹を壊したということではないでしょうと。
原因不明。

思い当たることは、うーん、、、
久々に馬のアキレスをあげたけど。それかな。

今日は注射をして、絶食。
明日からフラジールを朝晩、ごはんはi/d缶を少しずつ。
水分補給にポカリの類いをあげてもよいというので、
飲物だけで我慢のピン。

先生に聞きたかったことはサプリの情報。
病院ではそのサプリの扱いがなくて
詳しい情報がないので、時間をもらえれば
調べて連絡しますと言われた。情報待ち。

診察室にいるとき、受付の女の子が通りかかって挨拶。
そして、ピンの顔をみて「あ」。
帰りにシニアフードの試供品をもらった。

あー、やっぱり、飼い主じゃなくて、
犬の顔で覚えているんだなー。(^m^)

シニアフードを試すまえに、お腹の調子を整えなくちゃね。
早くよくなりますように。

スポンサーサイト
2008-05-27(Tue)

体重測定

ベビースケールで体重測定実施。

ごはんの量を計ってあげるようにして(もらって)約2週間。
どれくらい変わっているかな~。

まずは、ピンクさん。

DSCF1107.jpg

4.55キロ。


あれ、そんなに減って無いじゃん。
目標体重は4.3キロに設定してみた。
当分、ごはんの量は今のままだね。


次は、ばななさん。

DSCF1101.jpg

4.15キロ。


まぁまぁかな。
目標体重は4.0キロに設定してみた。
もうひといき、がんばろー。


ベビースケールはヤフオクでゲット。
中古品を730円で落札できてラッキー♪と思ったら、
送料と振込手数料でトータル2040円。うーん、微妙な金額。

思ったより高くなって、これで使えなかったら、、、
とちらっと思ったけれども、無駄な心配だった。

もちろん、ただじゃ乗らないけど、
ただじゃなければ、超積極的なピン&バナ。

私がおやつを手にして、ここ、と指差しただけで
何をさせたいか、充分、理解している様子で、
競いあってスケールに乗ろうとしてた。(^.^)

あれれ、、、もう一度、ばなが乗ったら、50グラム増加。

DSCF1105.jpg

4.2キロ。


おやつのあげすぎではないと思うけれども (^^;
精度が50グラムと書いてあったから微妙なところだったのかな。

今日の記録はこちらにしておこっと。

2008-05-20(Tue)

シニアフード

メインはおじやご飯だから、ドッグフードはなんでもよいような気がするけれども、ピンがおなかを壊さないシニア用のドライフードを探している。

少し前にドッグフードを買うために動物病院まで行って、受付の女の子に、いつも購入しているユカヌバカスタムのシニア用がないか聞いてみたけれども、生憎、試供品がないといわれたことがあった。

先日、狂犬病の予防接種で病院に行ったら、ウォルサムのシニアフードの試供品をもらった。ユカヌバのシニアの試供品が入ったら、それも取っておいてくれるそうだ。

その場でなければおしまいだと思っていたけれども、先生に伝えてくれていて、「ピンクちゃんは、まだ、普通のフードでよいそうですよ」と言われた。親切だ。いい病院だなー。

シニア用のドライフードを探すのは難しそうだから、おじやをシニア仕様にすることを考えた方がよいのかなと思うのだけれども、手作りごはんについては相談できないのよねぇ。院長先生はドッグフード信仰派だし。

久々に手作りごはんの情報収集、がんばってみようかな。
2008-05-20(Tue)

狂犬病予防接種とフィラリア検査(BlogPet)

minipinkの「狂犬病予防接種とフィラリア検査」のまねしてかいてみるね

ピンのかよくわからないけれども、そのときは

*このエントリは、ブログペットの「ねこ」が書きました。
2008-05-17(Sat)

狂犬病予防接種とフィラリア検査

ピン&バナ&みかんでぞろぞろ動物病院へ行って来た。予想外にすいていて、待ち時間は0だったけれども、正味60分ほどかかった。

まず、体重。ピン4.5キロ、バナ4.12キロ。減量成功! パフェママが11日から3泊4日の旅行にでかけたので、そのときから、ごはんをきっちり計量して、以前より少なめにしたのだけれども、早々に効果♪ 適正体重になるまで、少なめで我慢してね。

みかん4.26キロ。前回、3.9キロだったから、大幅増量。ピン&ばなと並んでも違和感がなくなったはずだ。外だけでなく、中身もピンと同じようになって、すっかり食い意地さんで、ごはんをなかなか食べなくて苦労していたのが懐かしいって。(^m^)

主目的以外に、ピンは、気になっていた咳と目のにごりと診てもらった。

まず、咳。聴診器で確認すると、ときどき不整脈がみられるけれども、心音に異常はないので、心臓の問題ではないでしょう。咳はたまに出るくらいで、常習性とか一度でたらなかなか治まらないということはないので、このまま、様子を見ましょうということだった。

次は目。以前から目が白っぽくなっているような気がしていた。光を当ててみてもらうと、瞳孔の反応が鈍い。右目は加齢による水晶体の濁りがみられるが、視力に影響はない。そして、左目は加齢による水晶体の濁りだけでなく、白内障がみられると言われた。がーん。

目の中心に小さくぐちゃぐちゃと濃く白いものが見えたように思うが、それが白内障らしい。白内障は目の中心から現れたものは進行が遅く、目の縁から現れたものは進行が早いという傾向があるそうで、ピンの白内障は進行が遅い、または、このまま変化しないと思われるそうだ。ルテイン、あげなくちゃ。

そして、最後の〆は肛門膿絞り。ピンはざらざらの固形状なので、手袋をして、肛門に指を入れて、直接、肛門膿を絞り出してもらった。ひゃひゃひゃひゃひゃんと大騒ぎ。指を肛門に入れて絞っても、普通は出血しないそうだけど、ピンは出血。粘膜が弱っているようだ。

みかんはおしりのコブのことをきいてみた。気付いてから半年。最初に細胞摂取して顕微鏡でみた結果は血腫、大きさが変わらないので、もう一度みてもらったときは脂肪と診断が変わり、何なのかよくわからない状態。

生活に支障は全くないけれども、なんだろう、なんだろう、と気にしているよりは、一度、ちゃんと検査した方がよいかもしれないと言われた。細胞を採取して病理検査に出すので、局部麻酔、または、全身麻酔で切ったり縫ったり。みかん、さぁ、どうする!?

フィラリアの検査は、みんな、無事、陰性。今年もおいしいチュアブルの薬が食べられるね♪

そして、うちに帰ってからスーヤを飲ませて一息。今年も無事に狂犬病ワクチンが終わった。

続きを読む

2008-05-13(Tue)

おのぼりさんツアー

GWに2泊3日のおのぼりさんツアーをした

のぼったところは東京。ネット検索したり、わんことおでかけ東京ガイドを見て準備万端、とは行かず、行き当たりばったり気味で、お天気もイマイチだったけれども、私的にはそんなツアーも、また、楽し

メンバーはいつもお世話になっている胡麻家とdona家。minipink家からはバナが参加で、ピンはお留守番。2泊3日の長旅で熟女ピンが疲れて体調を崩してはいけないしね。

このメンバーの中でバナが巨大犬に見えた。胡麻家のチワワのぷっちゃんとヨーキーのミランちゃんは、犬種的にも小さくて当然だと思うけれども、dona家は同じミニピンのシータちゃんとモコちゃん、しかもシータちゃんはバナと一緒に生まれた姉妹。少なくとも生後2ヶ月までは同じように体重が増えていったのに、今は1.5倍。

実家天国でバナが太ったのは確か でも、骨格もかなり違う。ピン、バナ、みかんは同じような骨格なので、そんなに違和感はないのに。そういえば、末っ子モモちゃんは小粒。そして、タフィーはデカピンだった。同じ血を引く兄弟なのに、浜松組は大きい。何故だ?たまたま?

そんな大きさの違いを実感したのは、並んだときの大きさの違いもだけれども、バナをスリングに入れたとき。今回は都会に行ったので、スリングに入れる機会が多かった。バナ入りのスリングをしばらくかけていると、重さで肩の骨が砕けそう

太れるのは健康ってことだと開き直っていたけれども、適切な体重を意識するべきだよね。今度、病院に行ったときに、脂肪率をはかってもらって、適正体重を聞いてこよっと。でもね、昼間はずっとパフェママと一緒だからダイエットは難しいかも

もうひとつ、何とかしたいと思ったことは、バナのプチパニック。私の姿が見えないだけでなく、例えば、私が車を運転しているときに、後部座席にいるだけでも、はぁはぁはぁはぁ、ひんひんひんひん。かなりのストレスで体に悪いよねぇ。

私にくっついていれば満足というのではなくて、自分の意思で私のところにいけない状態がダメなように見える。分離不安というより、我侭? 病気じゃなくて性格の問題ってことになると、直すのは難しいだろうなぁ。

なんてことを考えたツアーでした。

前置きが長くなったけれども、ツアーの様子は↓続きを読むをクリック♪

続きを読む

2008-05-11(Sun)

バナの足

バナの右後ろ足↓ ふつう。



バナの左後ろ足↓ 薬指が上がってる。

DSCF0984.jpg

もしかして、あの怪我で? 今はすっかり元通りのバナ、打撲で済んだのだと思っていたけれども、実は骨折していて、変にくっついちゃったのかな?

でも、これは元々かも。どうして指があがっているのかなーと思った記憶があるような気が。うーん、こんな曖昧な記憶では何かあっても変化に気がつかないよね。ちゃんとチェックしておかなくては。
2008-05-08(Thu)

もしや?

いつでも里親募集中」をクリックして、"ミニピン or ピンシャー" で検索したら、2件ヒットした。しかも、2件とも地元。

そして、注目したのはこちら↓ なんかね、ピンに似てる。。。
http://www.satoya-boshu.net/keisai/d2-26690.html

「犬メス 10才前後?
 静岡県と愛知県の県境の山の中にいました。
 今までにも多くの犬達が捨てられ保護している場所で、
 見つけたときにはかなり衰弱していました。」

3年前、このミニピンが保護されたのと近い場所で繁殖所が崩壊して100匹ほどの犬がレスキューされたことがあった。その中に姉妹と思われる2匹のミニピンがいて、どちらもピンに似ていた。そのうちの1匹のショコラちゃんとご対面をしたけれども、父親違いの姉妹犬に違いないとひとり確信した、ということがあった。

このミニピンも、ピンの姉妹犬かもしれないと思うのだ。もしかしたら、もしかしたら、ピンの同胞の姉妹犬という可能性もあるんじゃない?

ピンの同胞の姉妹犬、生後3ヶ月の頃には、まだ、繁殖所のショーケースの中にいた。ピンよりちょっと美人で、かなりスリム、元気にぴょんぴょんはねていたけれども、そのこがこのミニピンだったら、、、姉妹犬ともお迎えすればよかった。;_;

今からでも遅くない!? なんて思ったけれども、普段、お世話をするのは私じゃないし、家族に拒否されるだろうなぁ。それに、超甘えん坊のピン&バナ、新参者を受け入れないかも? 見守るしかないか。。。なーんて、ひとりで盛り上がっているけれども、このミニピンは赤の他犬かもしれないんだけどね。

でも、なんにしても、いらなくなったらポイッというのは許してはいけない。じゃっ、どうしたら、よいのか。子犬へのマイクロチップ装着を法律で義務付けて、捨てられても誰が飼い主かわかるようにする、それくらいならできるんじゃないかなぁ。






カレンダー
04 | 2008/05 | 06
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール

minipink

  • ピンク

  • 1999年12月2日生まれ

  • ばなな
  • IMG_1076.jpg
    2003年7月20日生まれ

  • パフェ
  • parfait.jpg
    2000年3月3日生まれ

  • Author:minipink

  • 永遠の25歳


参加してます
にほんブログ村 犬ブログへ にほんブログ村 犬ブログ ミニピンへ
励みになります
1日1回クリックしてね♪

保護活動リンク
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

fc2 blog
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。