FC2ブログ
2019-01-12(Sat)

その後のその後の様子

スヤスヤ。落ち着いてきたかな。





年末に心臓専門医に行ってから徐々に調子が落ちていき、心配の塊になっていた。


1/5にはいつもの動物病院に行った。心臓専門医の処方通りの薬が出たが、利尿剤は1日2回から1日1回になった。


バナの食欲は更に落ちていった。1/7の夜はついに全くごはんを食べずに嘔吐したそうだ。そして下痢気味😱


翌日、会社を休んで病院に行くことにした。


朝、おじやごはんを作ってみた。食べにくそうに口の横からボロボロ落としながらも、なんとか食べた。




全く食べないというわけでなく、ヒルズの療養食のシチュー缶はダメなようだ。


いつもの動物病院に行った。点滴とか嘔吐下痢止めの注射を想定していたけれども、治療は無し。


血圧測定はうまくいかなかったけれども、血圧が下がりすぎている可能性を考えて、血圧を下げる薬をやめてみることになった。


そして、ごはんの相談をして、ドライの腎臓療養食のサンプルをもらった。


ウェットよりドライフードの方が食べやすいのでは?と思ったから。


ただ、ずっとウェットフードを食べていて、ドライを食べない可能性もあったが、パフェ猫のドライフードをおやつ代わりに食べているし、いけるのではと。


もらったサンプルは日清ペットフードとヒルズとロイヤルカナンのもの。


日清とヒルズのサンプルをあげてみた。ロイヤルカナンは粒が大きく、丸呑み派のバナには良く無いのでは?と思い試さなかった。


結果、問題なく食べたので、個人的イメージの良さで日清のドライフードをあげることにした。


薬をウェットごはんに混ぜ込めないので、薬を残さないか心配だったけれども、そちらも問題なかった。


かなり目が悪くなっているし、丸呑み派なので、ドライフードと薬を同じようにフツーに食べる。






心臓の状態はわからないけれども、ごはんを食べるようになって、一安心。


ウェットからドライになって、ごはんの準備が簡単になるという副産物も。悪いことばかりぢゃ無い。


バナ、ゆるりゆるりと行こうね。






スポンサーサイト
2019-01-03(Thu)

その後の様子




薬は確かに効いている。


心臓の様子は外からは見えないけれども、
咳はかなり少なくなった。


よくない変化もある。


多飲多尿になり、その影響か毎日おねしょ。
肌掛けとベットパットと電気毛布、
大物を毎日洗濯。


もう1点、ごはん食べが悪くなった。
腎臓悪化の影響で食欲落ちている可能性も。


1/5にかかりつけの病院に行く予定。
どんなことを言われるのかなぁ。





2018-12-29(Sat)

検査結果

血圧測定中のバナ。20分くらい測って断念。







ばなの咳がじわじわと悪化している。苦しそうな咳を聞くと胸騒ぎがしていた。


1年前に検査してもらった心臓専門医の病院に検査の予約を入れるつもりで行ってみた。


そのまま血圧測定、レントゲン、エコーすることになった。


検査の結果、普通にしているのが不思議なくらい悪化している、いつ、何があっても不思議ではない状態と。


1カ月前、かかりつけの病院でレントゲンを撮ったら、肥大はしているが、その前に撮ったときと変わらないと言われて安心していたのに。


薬の量と種類が増えた。利尿剤が追加されて腎臓の状態が悪化するかもしれないとのこと。


昨日と今日でバナの状態はそれほど変わらないのに、私の気持ちがついていかない。


出歩いてばかりいないで、バナとの時間を大切にして、QOLを高めよう。



2018-06-30(Sat)

ばなの健康メモ

ぐごぉ~
ぐごぉ~

暑い日は涼しい部屋でお昼寝に限る。






ばなが僧帽弁閉鎖不全症と診断されてからそろそろ1年半。

1日3回の心臓の薬と朝晩2回の咳を抑えるための薬、最近、1日3回の肝臓サプリが加わった。



5月にフィラリア検査を兼ねた血液検査をした。




ALTは看過できない高値で、追加検査をすることに。コレステロールの値も高く、腎臓も怪しい。


肝臓エコーでうっすら影が写っていた。肝臓エコーの画像が載った資料を見せられたが、リンパ腫の画像に似ていると思った。

獣医に聞いてみたが、これだけではなんとも言えないという回答。おやつ禁止、咳対策の薬をやめる、肝臓サプリをあげる、で様子をみることになった。

咳対策の薬を飲んでいても徐々に咳が増えていて気になっていたが、やめたら更に酷くなったように感じ、早々に復活。

おやつ禁止はばなのQOLが下がるので、肝臓を強化する食材を調べて、それをおやつ代わりにすることにした。乾燥納豆♪




腎臓の状態を確認するため、別の日にうちで尿を採取して検査した。結果、腎臓は問題ないという診断。去年の12月、心臓の専門医のところでも検査したが、そこでは血液検査に出ないギリギリまで悪化しているという診断だった。。。

その時からご飯は腎臓病療養食か腎臓対策ごはんをあげていて、それは継続中。

・アニモンダ ニーレン (150gウェット)
・ヒルズ k/d (156g缶詰)
・ヒルズ i/d (156g缶詰)


咳が徐々に増えているので、心臓肥大が進んでいるように思うが、安静時の呼吸数が1分間15回前後から増えていないことだけが安心材料。


そろそろ、心臓専門医に行ってみようと思いながら、ばなの負担を考えると病院に足が向かない今日この頃。


うーむ。🤔



2016-09-27(Tue)

良いことと良くないこと

痙攣を繰り返して歩けなくなって3週間。







前足をじたばたして少し前進するようになった。


今朝、じたばたしてると思ったら、、、







お座りの体勢まで起き上がれた!


このあとは上手くいかなかったけれども、


少しでも動けるようになるといいな。





そして、よくないことは痙攣の再発。



9/5に痙攣が頻発してから毎日点滴に通った。

1週間ほどで痙攣が治まったと判断して
点滴を1日起きにして2週間。

9/23の夜、2週間ちょっとぶりに痙攣。

9/24の夕方に点滴にいった。

毎日、自宅で点滴した方がよいのかも?
という話をしたら、私が針を刺すことになった。
おとなしかったので、無事に点滴完了!

9/25の7時、17時と痙攣が続いたので、
20時頃に久々に自宅点滴を決行。
針に鈍感になったのか暴れなくてよかった。
点滴したけれども、22時に痙攣発生。

日付かわって9/26の3時、16時頃と痙攣。
22時頃に自宅点滴したけど、22時半頃に痙攣。


9/27の夜も自宅点滴決行。
今日は痙攣はしていないように見える。



前回、点滴すると痙攣が治ったことから
原因は腎不全による尿素窒素の高濃度化と推測。


今回、1日おきに点滴しても痙攣したので
腎不全が進行しているのか、脳腫瘍か、
原因はわかりません、に変わった。


とりあえず、点滴は毎日頑張る。












カレンダー
12 | 2019/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

minipink

  • ピンク

  • 1999年12月2日生まれ

  • ばなな
  • IMG_1076.jpg
    2003年7月20日生まれ

  • パフェ
  • parfait.jpg
    2000年3月3日生まれ

  • Author:minipink

  • 永遠の25歳


参加してます
にほんブログ村 犬ブログへ にほんブログ村 犬ブログ ミニピンへ
励みになります
1日1回クリックしてね♪

保護活動リンク
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

fc2 blog
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブログ内検索
RSSフィード