FC2ブログ
2019-02-17(Sun)

点滴生活

血液検査でクレアチンの値が振り切れていることが判明してから、点滴生活。


病院で点滴すると1回2484円、診察時間に毎日通うこと(休診日もあるし)も難しいので、自宅点滴をすることにした。


ぴんのときは、母に保定をお願いして、私が針を刺したが、ぴんが嫌がって動くので大変だった。


で、考えた。バナの場合、大人しく保定できるのは私しかいない。針は兄に刺してもらおう!


先週の日曜、兄と一緒に点滴方法のレクチャーを受けた。






次の日から、夜、バナと一緒に隣の兄のうちに行って点滴。私の点滴🍺付きだったりする😋


元通りとまではいかないけれども、毎日点滴をして腎臓療養食を食べるようになったので、昨日から点滴は1日置きに。よかった。



と、ほっとしたのも束の間。今度は咳が気になるようになった。


寝ているときに咳がよく出るように思う。笛を吹くような高音のひゅぃんっ、ひゅぃんっという咳。


今日、病院に行ったときに、咳が心臓の状態のバロメーターであれば、なにか打つ手はないのか相談してみた。


確かにバロメーターではあるが、他の原因も考えないといけない。心臓の薬は今のままで、咳対策の薬を試してみましょうと。


シロップと混ぜた液体の薬が処方された。小さくカットしたさつまいもにふりかけてあげてみた。


この薬を飲んだ後、突っ立ったまま固まってしまった。


だっこして毛布に包んでソファに連れて行ったら、そのまま2時間以上寝ている。


強烈に効き目が出ているのか、それとも副作用が出てしまったかのか、、、心配ごとは尽きない。







スポンサーサイト
2019-02-06(Wed)

食欲不振の原因

手を替え品を替えて少し食べた!と喜んでも、その後、まったく食べず、という状態が続いていた。


食べたい気持ちはあるけれども、食べられないように見えた。


口が何か臭うような、、、口腔系の問題があるのでは? という思いもあり、動物病院へ。






状況を説明して、血液検査をすることに。



腎臓の数値が大悪化。クレアチニンは振り切れて測定不能だった。


腎臓病ステージ4、最終段階。


食欲不振の原因は、腎臓病との診断。気持ち悪くて食べられないのだと。


口から尿の臭いがしているのではありませんか、とも言われた。そのニオイだったのか。


相変わらず、肝臓系の数値も悪く、激高コレステロール。


しばらく、毎日、点滴。食欲が回復したら高リン対策など、次を考えましょうと。


これは余命宣告レベルなのかもしれない。


そんなに苦しい様子は見せず、ごはんを食べる努力もしてくれて、なんてよいこなんだ、バナ!





バナの努力に私も応えなくちゃね。

2019-01-29(Tue)

咳と食欲

その後のその後のその後も、なかなかスッキリいかない。






最初はパクパク食べたドライフードも、徐々に食べが悪くなっていたので、先週、アニモンダのウェットごはんをあげてみた。


アニモンダ、嗜好性は高いが、何日か続けてあげると便がゆるくなる。それで躊躇していたけれども、まずは食べないとね。


快調に食べていたけれども、3日目で便がゆるくなり始めた。すぐにドライフードに切り替えたが、切り替えても、さらに悪化して血便噴射。


咳も徐々に酷くなっていることも気になっていたので、週末に動物病院へ。


下痢については治療はせず、食止めをして腸を休めて様子見。咳は食欲がなくなったときにやめた血圧を下げる薬を復活してみることに。


月曜には下痢は治った。咳は少し減った気がするが、またしても食欲不振発生。今朝は私が30分かけて食べさせたが、昼夕はほとんど食べなかったそうだ。


そして、ごはんを食べずふらついているバナを心配した家族から仕事中に電話がかかってきたので、早帰りして、動物病院に行った。


ふらつきは血圧の薬の副作用の可能性があるので、そちらはやめることに。個人的には足腰の衰えでふらついているような気がするけれども。


家族の希望もあり、点滴をしてもらった。




あとはヒルズのシチュー缶でなく、普通タイプの缶詰ごはんを買ってみた。


そろそろ復活してくれないかな。



2019-01-12(Sat)

その後のその後の様子

スヤスヤ。落ち着いてきたかな。





年末に心臓専門医に行ってから徐々に調子が落ちていき、心配の塊になっていた。


1/5にはいつもの動物病院に行った。心臓専門医の処方通りの薬が出たが、利尿剤は1日2回から1日1回になった。


バナの食欲は更に落ちていった。1/7の夜はついに全くごはんを食べずに嘔吐したそうだ。そして下痢気味😱


翌日、会社を休んで病院に行くことにした。


朝、おじやごはんを作ってみた。食べにくそうに口の横からボロボロ落としながらも、なんとか食べた。




全く食べないというわけでなく、ヒルズの療養食のシチュー缶はダメなようだ。


いつもの動物病院に行った。点滴とか嘔吐下痢止めの注射を想定していたけれども、治療は無し。


血圧測定はうまくいかなかったけれども、血圧が下がりすぎている可能性を考えて、血圧を下げる薬をやめてみることになった。


そして、ごはんの相談をして、ドライの腎臓療養食のサンプルをもらった。


ウェットよりドライフードの方が食べやすいのでは?と思ったから。


ただ、ずっとウェットフードを食べていて、ドライを食べない可能性もあったが、パフェ猫のドライフードをおやつ代わりに食べているし、いけるのではと。


もらったサンプルは日清ペットフードとヒルズとロイヤルカナンのもの。


日清とヒルズのサンプルをあげてみた。ロイヤルカナンは粒が大きく、丸呑み派のバナには良く無いのでは?と思い試さなかった。


結果、問題なく食べたので、個人的イメージの良さで日清のドライフードをあげることにした。


薬をウェットごはんに混ぜ込めないので、薬を残さないか心配だったけれども、そちらも問題なかった。


かなり目が悪くなっているし、丸呑み派なので、ドライフードと薬を同じようにフツーに食べる。






心臓の状態はわからないけれども、ごはんを食べるようになって、一安心。


ウェットからドライになって、ごはんの準備が簡単になるという副産物も。悪いことばかりぢゃ無い。


バナ、ゆるりゆるりと行こうね。






2019-01-03(Thu)

その後の様子




薬は確かに効いている。


心臓の様子は外からは見えないけれども、
咳はかなり少なくなった。


よくない変化もある。


多飲多尿になり、その影響か毎日おねしょ。
肌掛けとベットパットと電気毛布、
大物を毎日洗濯。


もう1点、ごはん食べが悪くなった。
腎臓悪化の影響で食欲落ちている可能性も。


1/5にかかりつけの病院に行く予定。
どんなことを言われるのかなぁ。





カレンダー
01 | 2019/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -
プロフィール

minipink

  • ピンク

  • 1999年12月2日生まれ

  • ばなな
  • IMG_1076.jpg
    2003年7月20日生まれ

  • パフェ
  • parfait.jpg
    2000年3月3日生まれ

  • Author:minipink

  • 永遠の25歳


参加してます
にほんブログ村 犬ブログへ にほんブログ村 犬ブログ ミニピンへ
励みになります
1日1回クリックしてね♪

保護活動リンク
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

fc2 blog
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブログ内検索
RSSフィード